最終更新日 2016/8/27

甘い審査基準で借りるには

walking1.jpg

現在の借金の総額が年収の三分の一以内で、尚且つ借入件数が3件以内であるなら、大手の銀行系金融機関でお金が借りれます。間違いなく審査に通るでしょう。然し、借入件数が4件以上にもなれば、大手では審査に通りません。それよりも審査の甘い中小の消費者金融でなければ、借りれないでしょう。但し、中小といえども金利は大手銀行系と比較しても、それほど高くありませんので、安心して下さい。

金利が高い金融会社で借りてしまうと、毎月の返済に占める金利の額が高くなって元金が一向に減らなくなってしまいます。少しでも元金を減らそうと思うならば、低金利の消費者金融で借りるべきです。また、審査が甘いからといって貸金業登録をしていない闇金融からのキャッシングは絶対回避しなくてはいけません。ヤミ金融は確かに審査は甘いですが、金利は高いですし支払いが遅延した場合は厳しい取り立てがあります。自己破産をしても通用しないでしょう。

消費者金融会社の審査では、まず年収と勤続年数が重要になります。もしも、勤続年数が一年未満であれば、信用力も低下してたとえ審査に通ったとしても限度額が低く設定されるでしょう。また、過去に自己破産をして信用情報センターのブラックリストになっている方なども審査に通ることは出来ません。ブラック情報が抹消されるまで金融機関でお金を借りることは不可能なのです。ただ、これも貸金業登録をしていないヤミ金融ならば、ブラックでも融資可能な場合もあります。よくよく考えて行動しましょう。

当サイトでは、低金利で借りやすい消費者金融でお金を借りる方法、審査に通りやすい借入申請書の書き方、窓口審査に場合の服装と話し方、最大限度額を上げるテクニックなどを紹介します。

キャッシング会社はあらかじめ貸付限度額を設定することで、資金需要額の多い借り手に対し、一度に多額の貸付をしないよう抑制しています。このような貸付限度が存在しない場合と比較して、消費者は数多くの金融会社を利用する傾向が多くなってきます。各個人に貸付限度額を設定することは、実査に支払い不能になった場合の損失額を最小限に抑えるのが目的なのです。

貸金業規制法では、顧客の資金需要や返済能力を超えた過剰融資を禁じていますが、実務的にはより具体的な事務ガイドラインが設定されており、窓口の簡単の審査だけで無担保・無保証貸付をする際、個々の消費者に対して50万円が平均の最大限度額となっています。但し、より厳格な審査を実施すれば、貸付限度額はもう少し高くなるかもしれません。

絶対借りれるキャッシング

金融業界の分類

金融業界は、概ね「銀行」「証券」「保険」「ノンバンク」の四つに分類されます。その中で、個人向けに無担保融資を行う消費者受け貸金業者、クレジットカード会社、信販会社、質屋、リースなど個人信用産業をまとめてノンバンクと呼称します。

レディースローン

女性専門のキャッシングをレディースローンと呼称します。専業主婦やパートの女性でも、審査に通ることが可能です。但し、一昨年施行された総量規制により、専業主婦は夫の承諾書を提出する義務が出来ましたので、夫に内緒でお金を借りることは禁じられました。現在のレディースローンは、女性に借りやすくするため、女性専門のオペレーターを置いています。

キャッシング一覧

金融業界の裏話
審査基準甘い金融のご紹介